読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

森の愉快なウコン達

くだらねえ日常

カフェで作業が出来ない

 

カフェで作業をすると本当に捗らないという事に気が付いた。

カフェが悪いというより自分が悪いのだが。

 

私の家の近くにサンマルクカフェがあるため、休日の度にコーヒー1杯で5時間くらい粘りながらブログを書き貯めたり本を読んだりしている。

決して迷惑な客ではない。

食器はコーヒーカップのみなので洗い物が楽、

売り上げの事など興味のないアルバイトからすればまさに優良顧客である。

 

また、私はカフェでMacBookで作業している姿が一番かっこいいので、

わざとMacBookの起動音(ゴーォォォォォン…とか言うやつ)

を音量MAXで流し、それと同時に瞑っていた目を開く。かっこいい。

周りのLet's note使いとは違うオーラで電源のある席を確保するのである。

 

さて、準備が全て揃い、

よし、書くかと思った時に甲高い声を聞いた。

 

女子大生1「彼氏欲しいなあー」

 

男を欲する女の声に反応しないわけがない。

すぐさま振り返る。え、可愛い。

 

とりあえず、MacBookを再起動する。目を瞑る。

MacBookゴーォォォォォン…」

私の目「パッカァァァァァン…」

 

女子大生2「どんな人がいいの?」

 

女子大生1「おしゃれな人かなあ」

 

すぐさまZOZOTOWNを表示する。

ログインまでした。

 

女子大生1「あと、落ち着いてる人の方がいい」

 

コーヒーを飲んで、「ふぅ…」という声を出して見た。

落ち着いてるのか?

飲みすぎた。配分的に5時間粘るのは厳しいぞ。

 

女子大生1「あとは男らしい人かな。」

ミルクと砂糖のゴミを急いで隠す。

あとなぜか袖をまくった。

 

コーヒーは残りわずか。その間ブログは一文字も書いてない。

読書すらしていない。

 

女子大生1のタイプが、

「おしゃれで、落ち着いていて、男らしい人」

 

という事がわかったところで、彼女達は元彼の愚痴をいい始めた。

その内容があまりに赤裸々すぎた。

ラインが冷たいだの体毛が濃いだのアレ(茎と言っていた)が小さいだの

デートの内容ならまだしも、小学生が聞けば鼻血を出すレベルの話になってきた。

「茎も小さいし、器も小さい!」

話の流れからしても器がキンタマの事にしか聞こえない。

茎の器。

お前らその話、ルノアールでも出来ますか?

 

ZOZOTOWNを眺めながらコーヒーを飲み、「ふぅ…」というのも気まずい。

諦めて読書をしようかと思ったが、村上春樹

この状況で性描写を読むのは人として何かダメな気がした。

 

その後も話はエスカレートして行き、

最終的に

「まあ、友達さえいればそれでいい!彼氏いらね!(爆)」

 

という結論に達し、彼女達は出て行った。

 

 

この結論にいたるまでに、

ここまで暴露されるなんてとってもかわいそうだぞタケルくん。

 

ラインの返事が遅くて、体毛が濃くて、

茎と器(人はそれを総称しチ◯コと呼ぶ)が小さい。

 

私が昔付き合っていた女性が、

私と別れた後、

「もう彼氏とかいらない」

と発言していた事があった。

 

おそらく彼女は私の愚痴を散々言った後に、

上記の結論に達したのであろう。

 

しかしまあ、本気かどうかはおいておいて、

 

「もう彼氏とかいらない」

 

なんて達観しないでくれ。まだ若いんだから。

少子化が進んでしまうではないか。

 

「ラインの返事が遅くて、体毛が濃くて、

茎と器(人はそれを総称しチ◯コと呼ぶ)が小さい男しかいねえせいだよ!」

 

と反論されないためにも男は頑張らなければならない。

ラインはすぐ返し、体毛は剃り、

茎と器は、、、、とりあえず引っ張ろう。タケルくん。

 

 

我に帰ると、

私のテーブルにはゾゾタウンを開いたMacBook

お替りしたコーヒーが置かれていた。

 

私はMacBookを再起動し、

ゴーォォォォォン…」「パッカァァァァァン…」

周りが無反応であることを確認した後、コーヒーを飲み干して帰った。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Dさん

 

学生時代に、僕はアルバイトを多く掛け持ちしていた。

コンビニ、家庭教師(小学1年生)、バーテンダーユニクロ等々…

また派遣会社に登録し、軽作業のアルバイトもこなしていた。

 

どのアルバイトもそれなりに楽しかった。

私の多感な股間に冷えた烏龍茶をこぼされ、多感なのでけたたましく泣いていたら

「先生というよりお友達」という理由でクビになった家庭教師を除いては卒業まで続ける事ができた。お友達としては雇ってくれなかった。

 

その中で特に派遣のアルバイトは毎回メンバーが違うため、

いろいろな人と知り合う事ができた。

特に印象深かったのは、Dさんという男性だった。

一期一会である派遣のアルバイトにもかかわらず、彼の名前だけはしっかりと覚えている。というか、彼のおかげで今でも連絡をたまに取る友達が出来たのである。

 

派遣の現場は物流倉庫であった。

私はいつもの様に同年代の人を見つけ、

昼休憩の時に5人で固まって食事をしていた。

そこに割って入ってきたのが、Dさんだった。

 

「ようよう!お疲れちゃーん!」

 

あ、お疲れ様です…と声をかけたところ

 

「俺は疲れていないぞ」

と謎の自慢をかまされた。

 

 

「あいや、俺若いのよ。年は48なんだけど、

中身はまだ二十歳そこらなんだよ!君らと一緒!

 

見た目は大人、頭脳は子供ってな!

 

コナンの逆バージョン、割と底辺の人間じゃねか。

あと君らと一緒って、二十歳そこらの私達の頭脳を割と遠回しすること無く馬鹿にしてきた。

 

「みんなこの現場初めてっしょ。わからない事あったら俺に聞けよ。なんでも教えてやっから!」

 

あ、ありがとうございます…

と軽く会釈をし、おにぎりを口に入れた瞬間、

 

 

 

 

「まあ、俺も偉そうな事言っといて、

この現場初めてだから!みんなと一緒!」

 

 

おにぎりが綺麗に飛んだ。

一体なんなんだこの人は。

 

性教育の授業で熱心に語った後、

 

「まあ、俺も偉そうな事言っといて、

童貞だから!みんなと一緒!」

 

とか言い出す保健体育の先生みたいなこというな。

いや、例えに出したがそんな人いるのかはわからん。

仮にみんなが一緒じゃなければ童貞をからかわれるぞ、先生よ。

 

「みんな何話してんの?」

 

もはやDさん中心に話が進んでいる。

 

一人の女の子が、

「彼氏の事とかです…」

 

と適当に返したところ、

 

「おお!懐かしい!俺も恋したよ!

今は酒が恋人だよ!」

 

全然若くねえじゃねえか。

挙句、

「男はすぐ浮気するから気をつけねえと!」

と発言し、浮気の具体的な行為の内容(性教育)を語り

女の子があからさまに不機嫌な顔になった。

また私は一つ一つ!をつけているが、それだけ声が大きいのである。

 

ここまで空気読めない人も珍しいなあと思っていたところ、

やっと昼休憩が終わり、地獄の時間が終了した。

 

「俺〇〇のとこいるから、わからない事があったらいつでも聞きな!」

 

と去っていった。真実はいかに。

 

その後は一切絡む事無く、業務を終えたのだが、

終了時間が晩御飯時であったため、

見た目が子供の5人だけで食事をする事となった。

 

ファミレスで当然のごとくDさんへの悪口が頻発し、

お互い仲良くなる事ができた。そして連絡先を交換し合った。

派遣のアルバイトで交換する事などこれが初めてで最後であった。

 

そう考えると、なんとなくDさんにも感謝しないとなあと思うのだ。

 

 

 

ちなみに、派遣の現場というものは

それぞれの案件に派遣会社の社員が1人つくのであるが、

Dさんがその担当社員であり、役職も結構上である事を知った。

 

Dさん、今でも働いていますか。

 

人生で一番キレた日

 

私は滅多に腹を立てる事も無いし、大声で怒鳴る事もしない。

 

もちろんイラっとする事は多々ある。

でもそれを顔に出したり、ましては怒鳴る事などない。

顔に出したり、怒鳴ったりしたところでそのイラつきが解消されるわけでは無いからだ。

 

 

と、書きながらふと思ったが、

あったわ。ブチ切れて怒鳴った事あったわ。超最近だわ。

 

会社での事だ。

私は業務に追われていて、頼まれていた仕事を後回しにしていた。

 

「おーい、お前頼んだ〇〇の件どうなった?」

 

「あ、ごめんまだやって無い」

 

 

 

「はあ??ふざけんなよコラア!!!

控えめに言って使えねえなあ!!

怒鳴るぞコラア!!!」

 

 

 

 

まず、このキレに対して言いたい事は、

①なぜ控えめに言ったのか

怒鳴るぞコラア!!!←既に怒鳴ってるだろ

 

という事だ。

 

「控えめに言って最高」という言葉が流行りなのか、最近よく耳にする。

インスタグラムに京都の写真を載せて「控えめに言って最高でした」

と投稿する。

控えめに言っても最高なのだから、おそらく

「私のちっぽけな脳に蓄積されている貧相な語彙力ではとても表現出来ないくらい最高でした」

という事なのだろう。

 

それはいいとして、今なぜ使うのか。

仮に控えめに言わなければ、どんな汚い言葉を吐くのか単純に気になったので、

 

「試しに控えないで言ってみて」

 

と返したところ

 

 

「…俺が社長だったなら…懲戒レベルとかかな?」

 

 

 

おいおいさっきまでの威勢はどうしたと言うのだ。

あまりに馬鹿すぎて話になんねえぜ!

「控えめに言って」とか脅し文句で俺を丸め込もうなんて甘いんだよ。

そして使うなら相手を褒めるときだけに使えってんだよ 。

 

大した怒りじゃ無いと判断し、余計に後回しにしたところ、

今度はストレートに、

しかも控えめに言って最低な言葉で罵ってきたので、

 

 

 

 

「さすがに控えぃ!!!」

思わず黄門様になった。

まあこれも一つの怒鳴りかもしれないが、黄門様の真似をしただけなのでノーカウント

 

結局彼から頼まれた仕事はテキトーに終わらせた。

 

昼休みになり、飯を食べていると彼が話しかけてきた。

 

 

「なあ…さっきはさすがに言いすぎたわ…なんつうか…その…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

控えめに言って、ごめん。

 

 

 

 

 

 

私はとうとう本気でブチ切れた。

 

 

 

謝罪くらいは控えめに言う事なく、誠意を示せ。

 

 

 

 

 

 

 

 

名前の知らない人とお茶した話

 

GW中ということもあり、私は東京の実家に戻ってきていた。

そしてどこか旅行に行くわけでもなく、暇を持て余した挙句、

このくだらないブログを開設するに至ったわけだが、

開設作業自体はすぐに終わってしまい、再び暇になってしまった。

 

仕方が無いので一人でぶらぶらと散歩をしていたら、

小学校時代の友人にたまたま出くわした。

小学校時代なんてとうの昔の話なので、私は誰だこいつ…という感じであったが、

向こうが気が付いて、名前を呼んだ(私の苗字は珍しい)ので、友人であることは間違いなかった。だが、私は彼の名前を知らない。

必死で記憶を掘り起こしてみたが、やはりわからない。

でも向こうはうわ懐かし!!面影あんなあ!と馴れ馴れしく、今ここで

「ごめん誰だっけ」とは言えない状況となっていた。

 

久しぶりだし、お茶片手に懐かしく…語らん?(原文ママ)と言われ、

GW満員御礼のサンマルクカフェに入った。

懐かしい話を聞きながら、彼の事を思い出そうと決めた。

 

そしてコーヒー片手に語らいを始めた。

コーヒーを一口飲んで、開口一番、彼は

 

 

 

ドンキホーテで一番高い商品って何なのか知りたいんデスケド」

 

 

 

は?????

意味わかんないんデスケドwwwwww

懐かしく語らん?って言ってたけど、コーヒー飲むと人が変わっちゃうの??

しかも何で敬語になったんだ?彼なりに躊躇いながら聞いたのか。

ちょっとカワイイな。

 

躊躇いながら

「時計とか…だと思うんデスケド…」

俺まで敬語になってる。

 

「そうかもな」

 

私は腹を立てることは滅多にないが、

この急にタメ語で切返されたことにムカつきを感じ、

自分の沸点は意外に低いのかもと思った。

 

 

 

ー沈黙ー

 

 

 

えっと、嘘だろ…

 

久々に会った人と何となく気まずくて、

何を話せばいいのかわからないというのはよくある事だ。

だが、

 

ドンキホーテで一番高い商品って何なのか知りたいんデスケド」

 

はねーだろ。語尾が「〜何なんだろうね」とかだったらまだしも、

まるで店員さんに聞くような口振りじゃねーか。

どう回収するんだこれ。

まだこいつの名前わからないから、こっちから懐かしい話とかできない。

あ、でも俺の返しもよくなかったかな…と思い、

 

「ほら、ロレックスとかめっちゃ高いじゃ…と思うんデスケド」

もともとコミュニケーション能力は高くないが、この数分で会話力の逓減を感じる。

 

 

 

 

 

 

「フフッ…最近休日何してんの?」

 

あっさりと話題変えやがった。あと何で笑ったのお前?

あれか、こいつからしたら

ドンキホーテで一番高い商品って何なのか知りたいんデスケド」

というのは「よう久しぶり〜」くらいの挨拶にすぎないのかもしれない。

とりあえずやっと友人らしい話題に切り替わった事に一安心。

 

「最近はよく映画とか見たりしてるかな〜」

 

「おお、俺も映画だーい好きよ」

 

「最近何観たの?」

 

「『怒り』だね」

結構前だぞそれ。

 

「おお、あれ観てない!どうなのあれ?」

 

 

 

 

 

 

 

 

「いやもう、マジ切れだかんね?????」

 

 

 

 

 

私は『怒り』をずっと観たいと思っている。

観た人がみんな思い思いに感想を述べていたからだ。

 

なあ、これほど頭の悪い感想ってあるのだろうか。

題名をバカっぽく言い換えただけじゃねーか。

 

しかも、これと同じ感想を過去に他のバカから聞いていた。

こんな感想を生み出す映画、ますます気になってしまう。

 

「うわ〜気になる〜」

この会話、

他のテーブルの人たちにはどう思われているんだろう。

 

 

 

「つか、合コンしよ」

 

やばい、話題の切り替えが早い。

久しぶりに会う友人とは話題は尽きないものではあるが、

キャッチボールが難しい。

こいつが一人で話題を的にしたストラックアウトしてるとしか思えない。

f:id:taneumadash1847:20170505192650p:plain

 

 

1…ドンキホーテで一番高い商品とは?

8…休日について

5…合コン

 

 

「ああ〜いいね、やろやろ」(絶対無理)

 

「じゃあ今度ラインするよ」

 

 

え、ライン交換してんのこいつ???

本当に誰なの???

 

同窓会の時に交換したのかな…でもそん時ライン流行ってたかな…

 

と思いつつ、残りは彼の話をずっと聞くだけになった。

 

「最近すげえ太ったよね俺」(小学校以来会ってねえから知らんがな)

「転職してえー」(ちょっと盛り上がった)

「車欲しい」(欲しいのはプリウスらしい。無難。)

「今から酒飲もうよ」(断った)

 

そして私達は帰る事に。

 

懐かしい話題が一切なかったため、ヒントが全くない。

本当に誰だったのか。

 

今更聞けないし、もういいかな…と思っていたら

彼に電話が。

 

 

 

 

 

「はい、青木です」

 

 

 

 

 

うおおおおおお!!!

 

 

 

 

青木!!!青木ィィィィィィィ!!!

 

 

 

 

誰と話しているのかわからない時間。

 

ぎこちない会話。

 

募る不信感。

 

ずっと思い出せなかった彼の名前。

 

でも今、やっと思い出したの。

 

 

 

 

 

 

ー「君の名は。」ー

 

 

 

A O K I 

 

 

 

 

何故かものすごく感動してしまった。そして安心感が私を満たした。

いや、正直言うと、名前だけ聞いても全然思い出せなかったが、

卒アル見れば全て思い出すだろう。

「また遊ぼう」

と誓いを交わし別れ、実家にて夕飯を食べ、

これを書いている。変なやつだったけど、悪いやつではないし、

とにかく友達が一人でも地元に残っているという事実が嬉しかった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

問題は、

卒アルに青木という男が存在しなかったという事である。

マジで誰だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めまして

 

初めまして。

 

yass君です。

 

サラリーマンやっております。

 

あと、バンドでベースを弾いております。

オールドタイマーというバンドです。

 

oldtimermusic.tumblr.com

 


オールドタイマー 《OLDTIMER》 / Jelena 【MV】

 

また、このバンドでもブログを書いております。

4人で順番に更新しております。

 

oldtimerblog.tumblr.com

 

私の記事一覧

http://oldtimerblog.tumblr.com/tagged/yass

 

今回、個人ブログをはじめたのは、

バンドのブログのように不定期ではなく、

なるべく毎日書きたいなと思ったからです。

役立つこととかそういうのは一切書かないと思います。

ただ、自分の虚しい会社と自宅の行き来の日々に少しでも潤いを与えたいと思い、

思いつくままに開設しました。

 

そんなわけで、これからほぼ毎日書いてみようと思います。

多分、ブログを更新するっていう意識で毎日を過ごせば、

いつも以上に考えることとか、思うことも多くなって、

人生が豊かになるのかななんて考えたんです。

 

そんなわけで、毎日を綴っていこうかと思います。